Pitto補助金メインイメージ

賢く活用してV字回復!ホームページや会社案内制作に活用できる 小規模事業者持続化補助金

一般型補助率 費用の2/3(最大50万円)
※ホームページ作成(ウェブサイト関連)のみでの申請はできません。
※ウェブサイト関連費は補助金交付申請額の1/4が上限です。

小規模事業者持続化補助金について

小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました。浜松商工会議所等にて補助金申請の支援を行っております。ご希望の方は、ご相談ください。

※小規模事業者が対象です。
※申請にあたっては、浜松商工会議所等へ事業支援計画書の交付を依頼する必要があります。
※ホームページ制作(ウェブサイト関連費)のみでの申請はできません。ウェブサイト関連費は補助金交付申請額の1/4が上限です。
持続化給付金ではございません。

補助対象者

※以下は抜粋です。最新・詳細情報は商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金ページの公募要領(PDF)「補助対象者」の項をご確認ください。

本補助金の補助対象者は、(1)から(6)に掲げる要件をいずれも満たす日本国内に所在する小規模事業者(日本国内に居住する個人、又は日本国内に本店を有する法人)等であることとします。

  1. 小規模事業者であること
    「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律」において、業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断しています。
    商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数:5人以下
    サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数:20人以下
    製造業その他 常時使用する従業員の数:20人以下
  2. 資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)
  3. 確定している(申告済みの)直近過去3年分の「各年」又は「各事業年度」の課税所得の年平均額が15億円を超えていないこと
  4. 商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいること
  5. 下記3つの事業において、採択を受けて、補助事業を実施した場合、各事業の交付規程で定める様式第14「小規模事業者持続化補助金に係る事業効果および賃金引上げ等状況報告書」を原則本補助金の申請までに受領された者であること(先行する受付締切回で採択された共同申請の参画事業者を含む)
    ※「受領された」とは事務局から指摘のあった不備が解消した状態であることを指します。
    ①「小規模事業者持続化補助金<一般型>」
    ②「小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」
    ③「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」
  6. 小規模事業者持続化補助金<一般型>において、「卒業枠」で採択を受けて、補助事業を実施した事業者ではないこと

公募受付締切スケジュール

複数回の公募受付締切スケジュールは、以下のとおりです。

公募期間

第14回受付締切 2023年12月12日(火)
第15回受付締切 2024年3月14日(木)

詳しい説明や「公募要領」、申請に必要な各種様式は、下記ウェブサイトでご確認ください。

商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金ページ
https://s23.jizokukahojokin.info/

浜松商工会議所 小規模事業者持続化補助金ページ
https://www.hamamatsu-cci.or.jp/business_support/subsidy_sustainability.html